menu

セラミック治療について

昨今は虫歯などで失った歯の機能を補うために、一般的に銀歯と呼ばれるパラジウム合金(金、銀、銅、パラジウム、亜鉛などの合わせた金属)で、できている被せ物を装着していましたが、口元から銀歯が見えることにコンプレックスを抱える患者さまや、銀歯の経年劣化に伴い、成分が体内に流出し蓄積、銀歯と歯肉の縁が黒ずんでしまうなどの影響もあり、近年では、セラミックと呼ばれる審美性にも機能性にも優れた被せ物が誕生し、主流となりつつあります。

セラミック治療について

セラミック治療とは

セラミックという素材を使用して作成した被せ物、詰め物です。銀歯や金歯と異なる点は審美性である見た目です。セラミックは天然の歯に近い色をしており、簡単に見分けがつかない程に、審美性に優れています。また、セラミックは人工関節に使用されていて、親和性に優れ口腔内にも馴染みやすい傾向にあります。

セラミックの特徴

・審美的に優れ、天然の歯にも劣らない透明感があります。
・長期に渡り使用しても、経年化による変色はありません。
・金属アレルギーの心配もなく、歯肉の縁が黒ずむこともありません。
・銀歯に比べ口腔内細菌の付着しにくく、衛生的です。

白い被せ物について白い被せ物について

虫歯などで失った歯の機能を補うために、歯に被せ物をおこないます。セラミックにはいくつか種類がございます。

セラミック

オールセラミック・クラウン
オールセラミック・クラウン
金属を使用せず、全てセラミックでできた被せ物です。天然の歯に近く透明感のある被せ物です。前歯に適用されることが多く、審美性に優れています。
ジルコニア・クラウン
金属を使用しない被せ物です。人工ダイヤモンドとしても知られ、スペースシャトルの外壁にも使用されるほど、耐久性にすぐれています。数本分を補うブリッジにはあまり適応されません。
e.max(イーマックス)
ニケイ酸リチウムガラスを主成分とする新しいセラミック素材です。一般的なクラウンで必要なフレームなしでe.maxのみで作製出来る為、強度が高いです。また、透明感があるのでより自然な歯に見えます。、
メタルボンド・クラウン
メタルボンド・クラウン
金属の枠にセラミックを焼き付けた被せ物です。審美性には少々おとりますが、強度に優れています。

白い詰め物について白い詰め物について

被せ物をする虫歯より、軽度の段階で虫歯治療をおこなえた場合、歯を削る量も少なくすむために、白い詰め物であるインレーを装着させます。

準備中

オールセラミック・インレー
金属を使用せず、全てセラミックでできた詰め物です。天然の歯に近く透明感があるため、残っている歯との親和性も高いです。被せ物にも適応されますが、インレーにも適応されます。
ハイブリット・インレー
セラミックとプラスチックを混ぜ合わせ強度と弾力を持ち合わせたものであり、対合歯にも影響がすくないと考えられています。

PAGE TOP